S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
バラクラとヴィラデストに行ってきました。
f0065604_2155938.jpg
最低気温21.8度。最高気温25.7度。曇りときどき小雨。
昨日は梅雨の晴れ間となったのでバラクラ・イングリッシュガーデンに行ってきました。「バラクラ」の名前のせいか、つい薔薇が咲き乱れるガーデンを期待してしまうんだけど、毎年7月に入ってから出かけるのでいつも見頃は逃しています。。。今年は開花が遅かったようなので少し期待してたのだけど、チラホラと咲き残っている程度でした。
ただそういえば、このガーデンはそんなに薔薇の植栽だらけ、というほどでもない気がします。それに毎年感じるのだけど、ガーデン内の花ガラが気になって気になってしかたない。薔薇も草花も花ガラが溶けてどろどろに葉に貼り付いていたりするのです。そういえばボタニックガーデンもわりとそんな感じ。なんで手入れしないのかなぁ。それがイングリッシュガーデンてやつなのでしょうか。

TOPの写真はバラクラの入り口。皮肉なことにココからガーデン入り口までのスペースの植栽が一番手入れが行き届いていて美しいのです。特に大きなコンテナを作った寄せ植えがすばらしいの。でもここは入場料(1200円)払わなくても見られるんだよね。。。
f0065604_21103312.jpg

こんなふうなコンテナがズラっと並んでいます。どれも素敵。。。
f0065604_21112153.jpg

合わせづらい朱赤のニューギニア・インパチェンスもこんなにオトナっぽくカッコ良くきまってる。
f0065604_21123090.jpg

ここに並んでる鉢もみな素敵で釘付けになりました。写真たくさん撮っちゃった。
f0065604_21135835.jpg

もう少しアップでみるとこんなかんじ。赤を基調にかっこよく決まってる。奥のコンテナも赤のペチュニアとコルジリネなんだけど、なんだかとっても素敵。鉢もいいしネ。
f0065604_21153872.jpg

ガーデンの中に入ると高い位置にあるテラスから見下ろした風景はこんなふう。緑がきれい。
f0065604_21171698.jpg

こちらはガーデンの中腹からテラス方面を見上げた風景。たくさん咲いてるアナベルはまだ緑色。
f0065604_21184626.jpg

奥まったところにひっそりと設置されたテラス。周りは作りこまれた感じのしない自然風な植栽です。この大きい葉っぱのホスタの色がきれいだった。
f0065604_2120329.jpg

ホスタといえば、ここには巨大なホスタの株があるんです。比較のために私も写真に入ってみました。スゴイでしょ。
f0065604_224264.jpg

ガーデン内はダリアが花ざかりでした。奥の銅葉の赤いダリアが欲しくなってしまった。
f0065604_21241143.jpg

大木のスモークツリーも見頃。傍らに置かれた青い椅子がキマッテます。
f0065604_21253660.jpg

別の方向から見たところ。やっぱりこの椅子の色がいいなぁ。アーチの薔薇はたしか遅咲きだったような気がするんだけど、それもすでに咲き終わってました。
f0065604_2130108.jpg

ガゼボにも薔薇(クレマ?)が絡んでお花は終わっているけどいいかんじ。花ガラなんて細かいことを言わなければこんなふうに絵になる風景はいっぱいあるのだなぁ、とあとから写真を見返して思いました。
f0065604_21313558.jpg

これはショップ。建物がまたどれもかっこいいんだナ。前に並んだコンテナもダイナミックな植栽が素敵です。こんなふうな思い切った寄せ植えが作ってみたいものです。
f0065604_21473052.jpg

テラスでお茶しました。アフタヌンティーセットはドリンク付で1500円。おいしいけれど量は少なめ。コップがプラスティックなのはガッカリ。私の頼んだビール600円也もこんなにちっちゃい瓶なの。ちぇ。奥はバラクラに来てまで新聞と赤ペン片手に競馬予想に余念がないオットです。
f0065604_2153961.jpg

ガーデンでいつも感じるのは、椅子と鉢がどれも素敵だということ。手作りっぽくてしだれたタイムがよく合うこの鉢も何気なく置かれていました。
f0065604_21554043.jpg

そんな鉢は、外のショップにこんなふうにどっさりと置いてあります。何気なく置いてあるけれど、それぞれとても手が出ないようなお値段でした。後方のネグンドカエデがキレイ。
f0065604_21575611.jpg

バラクラから車で1時間以上かかるけれど、前から行きたかった玉村豊男氏のワイナリ、ヴィラデストにも寄ってみました。
・・・感動した! この農園の素晴らしいこと! なるほど抜群に賢くてセンスもいい人は、終の棲家にこういう土地を選びこんな暮らしぶりをするのかと思った。
農園の手入れが行き届いているのがこれまた素晴らしい。バラクラのあとに行ったからよけいに感じたのかな? 野菜も草花もみな生き生きとしてました。すごすぎ。
f0065604_22122640.jpg

ヴィラデストは小諸の町(たぶん)を見下ろせる高台にあります。年間の日照は日本一と以前に読んだ記憶があります。夏の日差しは暑そうだけど、乾いているからこそ梅雨時でもこの草花の美しさなのかなぁ。
f0065604_2214478.jpg

時間が遅かったのでレストランで食事はできなかったけど、この農園で丹精込めて作られた採りたての野菜を使ったランチは美味しいに違いない!次回はぜったいここのテラスで食事がしたいわ。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-09 20:56 | お出かけ
<< バラクラツアーでのお買い物、ほか。 メカルドニア、黒赤ゼラとか、い... >>
トップ

「ほんの小さな庭」 管理人の日記
by seyama_blog
ブログパーツ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧