S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:お出かけ( 196 )
イギリス旅行⑦ プライベートガーデンⅡ
f0065604_14202598.jpg
最低気温20.2度。最高気温33.4度。くもり。蒸し暑かった。夕方雷雨になりそうだったけど、わずかに雨がふっただけの空振りに終わりました。
この程度だと水遣りは免れず。惜しい~

写真は7月9日、「ピーター・ビールズ&ロージズ」の後に訪れた、ノーフォークのプライベート・ガーデン 'Furze House’ さんです。
運転手さんも道に迷うような、けっこうな田舎にありました。

オーナー夫妻は農業をリタイアして5年前にこの広い地を購入し、以来お二人で作り上げたのだとか。
記録の写真アルバムも見せていただいて説明してくれました。 ほんとうに何もないところから始まってる!
f0065604_1420337.jpg
あ、正式な公開日ではなかったのですね。
ご近所の方(といっても20キロも離れてるらしい!)もお手伝いにいらして、おもてなししてくださったのです。
f0065604_14205133.jpg
お昼過ぎに着いたら、木陰にテーブルをセッティングして、ランチの準備をしてくれていました。
この日もいい天気。前日よりも気温が下がったので木陰は最高に気持ちよかった! 虫もいないし、風がソヨっと吹いて、それだけでも何をいただいても美味しく食べられそう。
f0065604_1420564.jpg
用意してくださったらランチは色とりどりの野菜が中心。 イギリスでの食事はそれなりにおいしくいただいていたけれど、生野菜を食べる習慣がないのか、この瑞々しく美しい彩りが久しぶりでうれしかった!
ほかに自家製のチーズや、食後にいただいた夏のデザート「トライフル」もとってもおいしかった。
f0065604_14211271.jpg
食後にご主人に案内いただきながら広いガーデンを散策。
5年で作り上げたとは思えないほど、様々な植物が伸び伸びと育っていました。
f0065604_14212417.jpg
葉も実もかわいい、モミジバフウの足元には小さな草原のように可憐なお花の植え込み。 まわりの芝生がきっちり刈られているのでさらに美しい。
f0065604_14213141.jpg
オーレアのスモークツリー、コンパクトに仕立ててもこれだけお花がつくんですね。素敵。
これ欲しくなりました。
f0065604_14213995.jpg
散策中、じつに自由にふるまっていたワンちゃん。こんな広いお庭で幸せね~
f0065604_14214580.jpg
私が知らなかっためずらしい植物もたくさん。
ブルーのこの子は宿根スイトピーでしょうか。キレイな色!
f0065604_14215432.jpg
この子はだあれ。黄金色のカサカサの子。これは蕾?それとも花後の姿なのかな?
f0065604_1422386.jpg
とってもお茶目でフレンドリーなオーナーが引きとめてくださるので、予定時間を大幅にオーバーして滞在。帰りはバスを見送ってくれました。
心地良い贅沢な時間を、どうもありがとうございました!
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-22 22:23 | お出かけ
イギリス旅行⑥ ピーター・ビールズ&ロージズ
f0065604_22174635.jpg
最低気温21.2度。最高気温29.4度。くもり。 気温低く、久しぶりにエアコンなしでも過ごせました。

朝、1週間ぶりに畑へ。なぜだか夏野菜が元気に育っていません。丈夫なはずのナスもあまり大きくならないし、ミニトマトは2株とも枯れてしまった。オクラもモロヘイヤもいまいちの成長具合。

そのわりに、雑草防止用に植えた通路のリッピアだけがやたら元気で、切っても切っても煉瓦の仕切りを乗り越えて畝に侵入してきます。畑にはリッピアの整理に行ってるようなもんですわ。はぁ。

写真はイギリス旅行4日目(7月9日)に訪れた、バラのナーサリー「ピーター・ビールズ&ロージズ」。私は知らなかったのだけど、ロザリアンの方には聖地なのかも?! すごくたくさんの種類の薔薇苗を扱っているようです。

薔薇に囲まれたハト小屋から、まさにハトが飛び立った瞬間が撮れました♪
f0065604_2218478.jpg
入口から満開のバラがお出迎え。例年だったらもう見ごろを過ぎている時期。本当にラッキーでした。
ピンクのバラは同じ品種のものを右側が地植え、左側がコンテナに植えてあり、成長の違いを説明してくれたのだけれど、コンテナでもこんなにたわわに咲かせることができるなんてびっくりです。
f0065604_22181775.jpg
右の白い薔薇はポールズ・ヒマラヤンムスク。10mはありそうな大木に、勢いよく伝わり登って咲いているのです。
大きく育つとは噂で聞いていたけど、ここまでとは・・・。
f0065604_22211853.jpg
バラのトンネルで緑陰ができています。
芝生に散った花びらも雰囲気あって素敵。
f0065604_22182924.jpg
バラの季節以外にも楽しめるように、最近は他の花の植栽も増やしているのだとか。
赤い構造物は、チェルシーフラワショーに出展した時のものだそうです。
他にもショーで展示したものをガーデンのあちこちに移設してありました。
f0065604_22205486.jpg
構造物の中には大きなバラの蕾のオブジェがありました。
f0065604_22215010.jpg
ナーサリーではイアン氏がレクチャー・ツアーをしてくれました。
一通りツアーしたあと、惜しげもなくたくさんの薔薇をカットして、香りの違いを体験したり、接ぎ木方法を実践してくれたり。
どの薔薇も首が太くしっかりしていて、葉もツヤツヤで健康そう!
美しい苗カタログもいただきました~
f0065604_2222363.jpg
園芸用品や小物を扱うショップがあり、バラ以外の苗も販売してました。
目の毒なので詳しく見なかったですけど~
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-20 22:23 | お出かけ
イギリス旅行⑤ フラットフォードミルetc.
f0065604_1804355.jpg
最低気温21.6度。最高気温33.3度。晴れ。暑かったけど、湿度は低めでいい感じでした。
朝1時間ほど庭しごと。ジャングル化を阻止すべく、とにかくいろいろカットしました。少々すっきり。

写真は7月8日、ベスチャトー・ガーデンの後に訪れたフラットフォード・ミル(Flatford Mill)。
イギリスの風景画家コンスタブルの故郷で、代表作『乾草の車』はちょうどこの位置から描かれたものとのこと。
f0065604_1805030.jpg
振り返ると煉瓦作りの歴史ある建物。ここも壁面のバラが満開でした。足元はネペタだったかな。
f0065604_1805646.jpg
かわいらしいショップ。店先に花苗も置いてありますね~ 気になる、けど見れなかった。

このあと、ホテルで用意してもらったピックニックランチを、草原の木陰の下に座ってみんなでいただきました。
すぐ脇には川が流れ、ボート遊びをしている人たちも。水鳥が岸にあがってきて、サンドイッチを催促されたり、そのままお昼寝でもしたいような、のどかでゆったりとした時間を過ごしました。
・・・が、なぜか、このあたりの写真が1枚もない・・・。 時間が遅くなり腹ペコだったからかな。
f0065604_181563.jpg
食後に、草原を散策。広い広い草原、どこまで行く?~
f0065604_1811734.jpg
途中、牧草ロールがあったり、・・・
f0065604_1811198.jpg
外人顔(?)のヒツジさんと目があったり、・・・
f0065604_1813096.jpg
木漏れ日のトンネルになったり、、、
f0065604_1815217.jpg
いろんな表情を見せる自然豊かなフットパスを歩き、デハム(Deaham)、という小さな街に到着。 ここでしばし自由行動。
f0065604_1813879.jpg
通りから路地を覗くと、黒猫がまったりしてました。
こんな気持ちのいい街に住んで幸せモノだねぇ。
f0065604_182031.jpg
お店のハンギングも華やかでかわいい。
その後、集合してラベナムのホテルに帰りますが、途中でもうひとつ、素敵な小さな村に寄りました。
f0065604_182655.jpg
カージー(Kersy)村。高台に教会がある、小さな静かな村です。
道路に立ち並ぶ古い家がみなかわいい。
ゆるやかな坂道の、いちばん低いところに小川が流れていて、人は脇の橋を歩いて濡れずに渡れますが、車はそのままザブリと通過するんですって。
f0065604_1822283.jpg
ここでもバラが満開。足元もたしかスプレー咲の赤い小薔薇でした。
f0065604_1822876.jpg
こんな素敵な萱葺き屋根のおうちも。B&Bだったみたいです。
サフォーク州のカントリーサイドをバスで走っていると、通り抜ける街がみなかわいらしくて、それは驚きでした。
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-19 18:04 | お出かけ
イギリス旅行④ ベス・チャトー・ガーデン
f0065604_1751692.jpg
最低気温21.8度。最高気温33.9度。晴れ。
朝にはまだ昨晩の雨露が残っていたので、庭はあとまわし。夕方にやろうと思ったけど、暑くてやる気がでなくて、明日の朝に後回しです。 明日こそどうにかしないと!

写真は3日目(7月8日)に訪れたエセックス州のベス・チャトー・ガーデン。今回の旅行でいちばんの感動、素晴らしいガーデンでした。
だけど日差しが強すぎて写真がうまく撮れなかった。実物の美しさを伝えられなくて残念!
f0065604_1753086.jpg
TOPのグラベルガーデン部分も素晴らしいのですが、このゲートの先には・・・・。
f0065604_1754193.jpg
橋を渡ると、今までのガーデンと全く違う、大きく育った木々と水辺を持つウォーターガーデンへ。
まずここから開けた景色が素敵! あ、でも写真ぜんぜん撮れてない~ ごめんなさい~
f0065604_175525.jpg
構造物に頼らない、木や水や植物だけで作り上げた美しい庭。
なんだかもう、天国に来ちゃったような、それはそれは気分のいいガーデンでした。
・・・語彙少ないなー。
f0065604_17696.jpg
小舟が浮かぶ、絵画のようなシーンです。
水草も、水際の湿地で育つ植物も、芝生の際に植えられた植物も、実は計算された完璧な配置!
f0065604_1761768.jpg
宿根草も伸び伸び育っています。色彩は控えめ。
管理も完璧で見苦しいものはまったく目に入らなかった。芝のエッジもカッチリ処理されていて、清々しいほど。
f0065604_1764640.jpg
エリンジウムのこの品種、大きなガクが不思議に青くて素敵。欲しい! でもきっと私の庭では溶けるよねぇ・・・・。
f0065604_177280.jpg
モンキーパズル、というコニファーのようです。動きがあってユニーク。
とても大きな木ですが、自宅の窓から見える景色を考えて、かつて自分たちで植栽したらしい。
f0065604_1771517.jpg
この日は日差しが強く、気温もイギリスにしては上がったようですが、木陰はそよそよと実に気持ちいいのです。
このガーデンに来られただけでも、イギリス旅行に参加した甲斐がありました。このまま帰りたくなかった!
f0065604_1772547.jpg
ウオーターガーデンから離れ、こちらはご自宅脇のセダムの花壇。ちょうど花が咲いてて華やか。
でも写真見づらいですねぇ。むー。
f0065604_1773629.jpg
多肉の鉢を寄せ置きしているコーナーもありました。
興味深いけど、集合時間が気になってゆっくり見られなかった。
次はツアーではなく行ってみたい。
f0065604_1774847.jpg
そして、苗の販売も。様々な種類。苗の状態もいいです。
こんなナーサリがうちの近くにあったらきっと逆上確実。持ち帰れなくてよかったのかも。
f0065604_178646.jpg
ベス・チャトーさんにもお会いできました。 90歳になられたとのことですが、お元気!
f0065604_1781651.jpg
そのあと、杖をついてガーデンの方に。まだ現役で、ガーデナーに指示しているようです。
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-18 22:23 | お出かけ
イギリス旅行③ プライベートガーデンⅠ
f0065604_1643252.jpg
最低気温20.6度。最高気温27.9度。雨のちくもり。
比較的涼しかったので、夕方庭あそびをしようと、蚊取り線香をセットして野良着に着替え、さてさて、と思ったら雨が降り出しました・・・。
まあ、確かに予報も夕方雨にはなっていたんですけど。
荒れ果てた庭をどうにかしなければ・・・。

写真はヘルミンガム・ガーデンの次に訪れた、プライベートガーデン。…といっても、すごく広いです~
f0065604_16431221.jpg
オープンガーデンはこの日のみだったようです。サフォーク州のPolstead Millというお庭。オーナーの説明では確か5,6年前にこの地を手に入れたとおっしゃっていたような。
キッチンガーデン部分など、自分たちで庭づくりをして今年はじめてのオープンガーデンのようです。
f0065604_16431819.jpg
イギリスでは古い建物のほうが価値があるみたい。古い邸宅や、敷地にある馬小屋、石積みの塀なども雰囲気たっぷり。

f0065604_16432678.jpg
このあたりの植栽の色が好みでした。
こんな色のアリウムもあるんですねぇ。ベンケイソウとよく合って素敵!
f0065604_16434658.jpg
邸宅の周りにはアルケミラモリスが咲き誇ってました。うちの庭では何度植えても溶けてなくなってしまうけど、イギリスではあちこちのガーデンで美しく咲いていました。
f0065604_16435460.jpg
敷地内には川も流れています。公園みたいに広いです~
f0065604_1644268.jpg
そしていちばん奥にはレンガ塀に囲まれたキッチンガーデンが! こういうの、憧れる~
ハウスの中でもトマトなど育てていたり、作業しやすいような設えになっていて素敵だった。
しかし、ここで突然カメラのバッテリー切れました。 がくっ。
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-17 16:35 | お出かけ
イギリス旅行② ヘルミンガム・ホール&ガーデン
f0065604_7185463.jpg
最低気温21.2度。最高気温31.6度。くもりだったせいか、少し過ごしやすかった。オフィス出勤日だったので庭あそびなどはナシ。

写真は今回の旅行でまず最初に訪ねたヘルミンガム・ホール&ガーデン(HELMINGHAM HALL GARDENS)

お屋敷を背景に広がる整然としたノットガーデンと、その後ろに風になびくグラス植栽部分との対比がおもしろい。
f0065604_719358.jpg
水路に囲まれたお屋敷を迂回してテクテクと歩き、四方を高い煉瓦の壁に囲まれたウォールドガーデンへの入り口へ。
アイアンのゲートや支柱の上のワシや馬の彫像が格調高くて素敵。薔薇とよく合う~
f0065604_7191429.jpg
ウォールドガーデンの中には、キッチンガーデンや季節の宿根草などさまざまなテーマのボーダーが広がります。
この日は天気が良すぎて写真がきれいに撮れず残念。
f0065604_7192889.jpg
魅力的な色合いの大きなオリエンタルポピー。花後のケシ坊主も大きくてかわいい。
f0065604_7193640.jpg
壁沿いにはデルフィなどの植栽とともに大きなツゲのトピアリが配置されています。
いろんな形があって楽しい~
f0065604_7195669.jpg
カエル王子もいましたよ。背後には果樹のエスパリエ仕立て。歴史ある煉瓦の背景だから雰囲気たっぷり。
f0065604_7201090.jpg
こんな何気ないシーンも絵になります。すべてが本物のアンティークだからかな。
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-16 07:43 | お出かけ
イギリス旅行① ラベナム村散策
f0065604_123541.jpg
最低気温24.0度。最高気温34.4度。晴れ。
昨日、イギリス旅行から戻りました。 旅立ってすぐに梅雨が明けて日本は連日猛暑だったようですね。
イギリスは日中の気温は高めではあったものの、カラっとした陽気で、朝晩は肌寒いくらい、日中も木陰はソヨソヨと実に気持ちよかった。
成田空港に着くとまとわりつく熱気に、そのままUターンしてイギリスに戻りたくなりました。

今回の旅行はワールドブリッジ社が企画した「東イングランドの名園を訪ねる旅8日間」というツアーです。
計11名というコンパクトなツアーでフットワーク軽く、現地ガイドの木島さんも参加者のみなさんも明るく魅力的で、とても快適で楽しいツアーでした。

私たちは4人で参加。関西からyokkoさんyokoさん、そして都内からyumyumさんです。

みんながそれぞれのブログで完璧なレポートを早くもUPしはじめてくれてるので、私はちょっとズルして簡単に・・・。

初日から3泊ゆっくり滞在したラベナムは中世の街並みそのままの小さな村。あちこちの家が傾いています。
f0065604_12351543.jpg
ハーフティンバーのかわいらしい壁に、大きくて華やかなハンギングがよく映えてます。
どれも半円状の大きなワイヤーのバスケットの上部に植えてあるのに、まるでラウンド型のように広がって鉢を覆い尽くしています。
花はゼラニウム、ペチュニア、フクシアなどの鮮やかな色が定番みたい。
f0065604_12352715.jpg
今年は春先の気温が上がらずバラの開花が遅れていたとのことで、私たちを待ってくれていたみたいに満開でした!
サーモンピンクの壁と赤い薔薇はちょっと思いつかない組み合わせ。
f0065604_12353931.jpg
ラベナムではたっぷり時間があったし、この時期夜は9時過ぎまで明るいので、朝に夕によく散策しました。カメラを持ってお庭をキョロキョロ。
家並みの背景が素晴らしいから、植栽も引き立ちます。
f0065604_12355122.jpg
見上げたら、見ざる言わざる聞かざる風のガーゴイルがいました~ かわいい。
f0065604_1236750.jpg
イギリスではアンティークは特別なものではなく、暮らしに根ざしているのかも。ラベナムの小さい街にも数件ありました。リサイクルショップのような、入りやすい雰囲気。
ただ、営業時間が短いので日中ツアーから戻るともうお店が閉まっていることが多くて残念。
リーズナブルでいろんなものがあってとても楽しい!もっとゆっくり見たかったな~
f0065604_12362073.jpg
私たちが泊まったスワンホテルも600年もの歴史がある、傾いた(!)ホテルです。
ここのハンギングのフクシアが、あまり見たことない色で素敵でした。
f0065604_12364460.jpg
外観やロビーも素敵だけど、部屋に案内されてさらにテンションUPしました。
組まれた梁が美しい天井が高くて素敵なお部屋! ツアーのみなさんそれぞれのお部屋が違っていてみな素敵でした。天蓋付ベッドのお部屋も。
そして、このお部屋の窓枠も床もけっこう傾いているのでした。おもしろい~
[PR]
by seyama_blog | 2013-07-15 12:37 | お出かけ
ガーデンソイル&ラカスタガーデン
f0065604_18322999.jpg
最低気温19.3度。最高気温28.2度。くもり。
のんびりと更新していたら、信州ガーデン旅行からすでに1週間過ぎてしまいました。れれ。
写真はガーデンソイル。この奥にお庭があるのだけど、このお店の中もガーデン関係のグッズが充実していてあれこれ欲しくなってしまうのよね~ 危険です。
f0065604_18331137.jpg
遅咲きのバラが見ごろだったようです。品種名わからないけど。
f0065604_18334932.jpg
しっくいの色が素敵なガゼボに誘引されたツルバラも咲いててかわいかった。
f0065604_1834555.jpg
赤~黒赤のホリホックがたくさん咲いているエリア。私の身長より高い大きなお顔のホリホックに囲まれてちょっとコワイくらいでした。
f0065604_18341414.jpg
こちらはラカスタガーデンの室内から庭を見た写真。
ラカスタガーデンは予約制なのがちょっと面倒だけど、人数制限してるぶんゆっくりと見られるし、「ヒーリングガーデン」と謳うだけあって手入れの行き届いた実に気持ちの良いガーデンです。
f0065604_1835890.jpg
バラが這うアーチの脇の、このあたりの植栽が素敵でした。
f0065604_1834224.jpg
ピンクのメギとブルーグレーのホスタの色合わせがいい~
f0065604_18342892.jpg
写真だと伝わらないかもだけど、ここのコニファーガーデン、すごい迫力です。トウヒの新芽もきれい。正面の枝垂れるように仕立てられているのもコニファー。おもしろい。
f0065604_1834387.jpg
小さなメドウ・ガーデンもあります。
ほんと癒されるわ~
[PR]
by seyama_blog | 2013-06-30 18:35 | お出かけ
ヴィラデスト
f0065604_23391925.jpg
最低気温18.2度。最高気温28.2度。くもりのち晴れ。

写真は先週末のヴィラデスト。 ここはレストラン併設のワイナリーなのですが、丘に広がるガーデンもそこからの眺めも気持ちいい場所なので、つい寄ってしまいます。
晴天率が高い地域らしくて、この日も軽井沢は曇りがちだったのにヴィラデストに着く頃には夏空が広がってきました。
f0065604_23393118.jpg
日当たりばつぐんのガーデンだけどホスタやヒューケラも大きく育っていました。
朝晩涼しそうだからいいのかな。
色とりどりの葉っぱがキレイ。
f0065604_23394081.jpg
整然と区切られた花壇に配色ごとの植栽。 このキチンとした感じが魅力的なガーデンです。
このあたりは紫色のカラースキームで。
エトワールバイオレット、ここでも花つき抜群ですねぇ。
f0065604_23395186.jpg
ここはシルバーリーフが中心です。ラムズイヤーの花穂って実はあまり好きじゃなかったけど、この花壇を見て印象変わりました。
いいかも! 株間はバークチップで美しくマルチングされています。
f0065604_23395713.jpg
ソヨソヨと風になびくグラスとケシの花でメドウ風だけれど、やっぱりキチンと感がある!
f0065604_2340681.jpg
素晴らしい花つきのスモークツリー。 どうしたらこんなふうになるのかな。
[PR]
by seyama_blog | 2013-06-27 23:40 | お出かけ
軽井沢レイクガーデン
f0065604_2225027.jpg
最低気温20.1度。最高気温28.1度。くもりときどき晴れ。

週末は長野のガーデンめぐりの旅をしてきました。
1日目:軽井沢レイクガーデン→サムズガーデン→ヴィラデスト→ガーデンソイル
2日目:ラカスタ・ガーデン

写真は軽井沢レイクガーデンのバラ。見ごろです! ここのガーデンは訪れるたび、ますます良くなっている気がします。
f0065604_22251328.jpg
湖のほとりの美しいガゼボに誘引されたバラも咲いていました。
f0065604_22254321.jpg
ガゼボの中から見る景色も美しい絵画のようです。
f0065604_2229487.jpg
広いガーデンにはいろんなシーンが演出してあります。サンクンガーデンの植栽は正対称で整然とした美しさ。
f0065604_22255560.jpg
ホスタも湖のほとりの景色によく合います。
f0065604_2226459.jpg
隣接のヴィラ。お庭もきれい~ お部屋もクラシックで素敵みたいです。いつか泊まってみたい~
[PR]
by seyama_blog | 2013-06-24 22:26 | お出かけ
トップ

「ほんの小さな庭」 管理人の日記
by seyama_blog
ブログパーツ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧