S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
トラフアナナスの寄せ植え
f0065604_19392358.jpg
最低気温21.3度。最高気温28.0度。ようやく梅雨があけましたね!梅雨明け三日、と言うけれど、今年はなぜか昨日も今日も曇りがちで涼しく湿度も低くていいかんじ。ひと夏こんな感じだったらどんなにか過ごしやすいことか。。。

写真は今日納品してきたカフェの寄せ植え。バラクラでトラフアナナス(後方の縞々の葉っぱ)を使った寄せ植えがいくつかあって、どれもオトナっぽくて素敵だなぁ、と思っていたのです。
ちょうど手ごろな鉢が売っていたので使ってみました。
カフェ用にはちょっとマニアックすぎかな。
大きなお花のグズマニアと赤い八重咲きのカランコエを合わせてみました。
f0065604_19395493.jpg

引き取ってきた寄せ植えはこちら。前回納品したベゴニアの寄せ植えはまだキレイだったのでこの鉢の代わりに置いてきました。1月前に納品した時と比べ、クロサンドラはお花をお休みしてますが、ちゃんと次の花茎も上がっているし、どの葉も馴染んでなかなかいい具合です。こういうのはとてもうれしい。
これはバラさないでこのままにしておこうかな。
f0065604_1942816.jpg

「寄せ植え」というほどのものではないですが、種まき苗をまとめて植え込み、オベリスクをセットした鉢です。
支柱がないと自立できない華奢なヒマワリ、大輪ルコウソウ、カカリア、足元にはサンビタリアが、これから徐々に咲いてくるはず。
f0065604_19441143.jpg

クーはワイングラスについた水滴が好き。かあちゃんはよく冷えた安物の白ワインが好きです。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-31 19:50 | 寄せ植え
ホスタ、ヘゴ、それからクー。
f0065604_22335653.jpg
最低気温23.4度。最高気温28.0度。朝起きたら庭は雨でぬれていた。またしても梅雨空に戻ってしまったけど、どうやらゴールはすぐそこらしい。このジメジメももうすぐオサラバだわ。
庭は相変わらず見所ナシですが、そんな中でいくらか見られる葉っぱたちを紹介します。
TOPはホスタから覗いたテラス・ブロンズの新芽。メタリックな光沢がカッコいい。株は節から根を出して広がっています。放っておくと花壇じゅう真っ黒になっちゃいそう。
f0065604_22362886.jpg

こちらのホスタはたぶんハドスペンブルーだった思うのだけれど。。花茎が短くてコンパクトに咲いてくれるのが気に入ってます。葉はブルー系のはずなのに、今年はなぜかかなり緑っぽい。
f0065604_22421250.jpg

ブログで常連のヘゴ氏。このジメジメ天気がたいそうお気に入りな様子で、葉の数も増えてきて元気です。葉色がわりと明るく切れ込みが涼しげなので、庭の隅の暗いコーナーに置くと引き立つようです。
f0065604_22435641.jpg

ベゴニア・エスカルゴもタグに「空中湿度を保ち育てる」なんて難しいコト書いてあったけど、最近の空中湿度の高さに満足してるんじゃないでしょうか。冬の間は瀕死状態だったけど、今は元気にしています。手前は黄金ヒペリカム。晩秋からずっとキレイな黄緑色を保っています。
f0065604_2246074.jpg

よせばいいのに挿し芽もしています。コリウス、ブラックバジル、アサリナ、アイビー、プレクトランサス、などなど。。いったいどこに植えるつもりか?
f0065604_22472755.jpg

本日のクー。顔の周りをナデナデされるのが大好きで、すぐこんなふうにペチャンコに脱力して夢心地状態です。でもあの、そこキーボードの上なんですケド。。。 仕事ができないよー。
f0065604_22501357.jpg

ベストショットを写そうといろいろ努力しているのだけど、カメラ自体に興味アリらしく、構えるとすぐ近寄ってきてしまうのでブレブレの写真か撮れないです。。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-28 22:51 | 庭のようす
元気なのはバーベナとペチュニアのコンテナだけ。
f0065604_229225.jpg

最低気温21.8度。最高気温28.4度。朝は雨ザーザーだったけど、午後からは久しぶりに雲の合間から青空もちょびっと見えてうれしかった。
梅雨ももういい加減にしてもらわないと、玄関ドアを開けるとなんだか庭がカビ臭いです。
鉢植えの根元付近をよく見ると体長数ミリでまだ透けてる感じのダンゴムシの赤ちゃんがウヨウヨいるし。気持ちわるい。株元にヘンなキノコとか生えてる鉢もあるし。
夏越しに挑戦していた苗も早くも次々とお亡くなりになっています。ロベリア・アズーロコンパクトも今年はもうダメみたい(涙)
そんな中で元気なのが、ひとつき程前に処分品で買ったPWブランドの赤いバーベナ。うどん粉病もなく枝垂れまくって咲いています。もっと大きい鉢に植えてあげればよかったナ。
f0065604_2293816.jpg

玄関脇のレイズドベッドの端っこに鉢植えのウンベラータと斑入りクワズイモを置いています。
ウンベラータってちょっと前まではお高くて憧れの観葉だったのに、最近は小さいポット苗が手ごろな値段で出回っていますね。どんなもんか育ててみたら、とても成長が早いみたいです。この調子だったら、晩秋に室内に取り込む頃には、そこそこの大きさになっているかも!うれしい。
斑入りクワズイモも冬には葉がすっかりなくなってしまったけど、春になって外に置きっぱなしにしておいたら新しい葉が出てきました。よかった。でも斑は消えかかっていてビミョーです。サトイモっぽくなっちゃってる。
f0065604_229586.jpg

数株植えたペチュニアのうち、コンテナに植えたこの子が一番元気です。一度きり戻しして、その後またたくさん花がついたところ。
最初はマニュアル通り余裕を持たせて単植にしたんだけど、つい出来心でコリウス・ミッドナイトグリーンを数箇所に挿し芽しちゃいました。両方うまいこと馴染んでくれるといいな。
f0065604_22101251.jpg

庭で華やかに咲いてるのはその2種類くらいです。
この立水栓まわりも、鉢こそたくさんあるものの、お花はぜんぜん咲いてません。
奥の銅製のジョーロは重すぎて使ってないので庭の飾りです。この間捨てたはずなのに、また雨水で満タンになってる。。。早く捨てないと蚊が湧くよね。。。
f0065604_22102892.jpg

玄関ドアに飾るお花もありません。。リースモドキはすっかり茶色くみすぼらしくなったオリーブ。シャベルはガーデナーの住まいである証! 下はワイヤーのかごに小さな多肉を入れたもの。ぜんぜんお水あげてないけど、空中湿度でOKなんでしょうねぇ。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-25 22:10 | 庭のようす
畑のお花でアレンジ
f0065604_0333032.jpg

最低気温20.6度。最高気温25.2度。日中はようやく雨があがりました。でもまだ太陽は見えず。そろそろ仕込んである梅干を干したいんだけどな。
畑の土は雨を含んで重たいけれど、いくらなんでも放置しっぱなしでは周りの区画の方にも迷惑なので覚悟を決めてオットと草むしりに行きました。涼しいので助かった。
3時間2人でみっちり作業。明日も雨が降らなかったら、もうひとがんばりするつもり。

写真は畑で摘んだお花。
ルリタマアザミはお花もかわいいけど、ドライにするならばこの状態で摘んだほうがよさそうですね。かすかに青みがかっているのがいいかんじ。
ヒマワリはもともとイタリアンホワイトなんだけど、こぼれ種の孫なのでだいぶ雰囲気変わってきてます。花びらが少し緑がかった薄黄色。お花が完全に咲ききる前の、この状態が好き。
アイボリーはスカビオザ。お花は小さいけど、たくさん蕾をつけています。
丸いゲジゲジ君はエキナセア。花びらは強烈なピンクなので、飾るにはちょっと。。。これならシブくていいかんじです。
薄暗くなってしまったので、あちこちすっかり苔むしてしまった庭で写真撮影してみました。
f0065604_0362138.jpg

今日は地元の祇園祭の最終日だったので夜にプラプラと出かけてみました。お祭りの最後に山車12台が四方に集まって叩き合いの様子は圧巻です。人ごみがすごくて遠くからしか写真とれなかったけど。
お祭りといっても特に何か楽しいことがあるわけでもないのに、なんとなく出かけてしまいます。しいて言えば、いいトシしてビール片手に歩き食いが出来るのちょっとがうれしいかな。
f0065604_0415256.jpg

今日のくーちゃん。仕事部屋でゲージから出すとなぜかキーボードの上にのってしまうのです。
そこでフンしないでー、と祈りつつ、そんなつぶらな瞳で見つめられると、ついつい好きなようにさせてあげたくなっちゃう親ばかぶりです。
しかしあれですね。インコって落ち着きないですね。写真がなかなかうまく撮れません。ブレてばっかり。カメラを構えると飛んできてカメラにとまるし。。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-22 23:44 | 室内で楽しむ
多肉、トケイソウ、カラー、ダリア、そしてくーちゃん。
f0065604_21514594.jpg
最低気温19.7度。最高気温23.5度。まぁよく降ること。少し前の予報ではとっくに梅雨があけてたはずなのに、ここにきて連日の雨。気温が低いのは助かるけど、庭はさらに荒れてきたうえ、庭しごともできません。 畑もぬかるんでいるので行ってないけど、いったいどうなっているのやら。。やれやれ。

ペチュニアやホリホックの薄い花びらは葉の上で醜くとけてしまっています。さすがに葉っぱモノはしっとりと濡れてキレイだけど、虫害や雹害の名残でなかなかフォトジェニックな子がいません。
こういうときはやっぱり多肉。軒下に置いてあるせいもあるけど、少し前の酷暑もこの長雨もものともしないポーカーフェイスのすずしげな表情です。
f0065604_215223100.jpg

この子は雨のあたる場所に置きっぱなしだけど、やっぱりポーカーフェイスですねぇ。品種がわからないんだけど、徒長もほとんどしないイイコです。
ニコタマの雑貨屋で買ったアイアントップは、ずっとココに置きっぱなし。使わないうちに錆びてきてる。でもいいんですこれで。こういうのが好きなので。
f0065604_2155742.jpg

生育旺盛なトケイソウも、あまり天気が気にならないみたい。ツルが伸びすぎてつかまるところがなく、レンガの上で花を咲かせています。
f0065604_2156550.jpg

カラーはもう1月近くこの状態で咲いています。たった1りんしか咲かなかったけど、かなり楽しめました。葉っぱもとてもキレイだし、スラっとした立ち姿がカッコイイのです。
f0065604_2158037.jpg

買った時は銅葉で赤いお花だと思ったダリア、いつのまにかこんなふうにかなり緑がかった葉に朱赤の花の、いまいちさえない子になっちゃいました。
次々と咲いてくれれるので、風見鶏氏はうれしそうです。
f0065604_2211994.jpg

鳥といえば、、、はじめまして。くーちゃんです!
ずいぶん前からインコを飼いたいと、既に鳥かごだけは用意していたのだけど、やっと決心がついて1月ほど前に雛をお迎えしました。小さくてちゃんと育つか不安だったけど、食欲も旺盛。最初少し奇形っぽく曲がっていた足も成長するにつれて治りました。
日中は仕事しながら彼女(彼?)と蜜月の日々を過ごしております。もうかわいくてかわいくてたまりませーん。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-19 22:04 | 庭のようす
吉谷先生講習会のハンギングその後、ほか。
f0065604_20545361.jpg
最低気温24.7度。最高気温28.7度。やっと気温が下がった。でも小雨が降ったり止んだりの梅雨空でなんだか蒸し暑く、庭しごともできず。
先日エゴノキの葉っぱをなにげなく見あげていたら、葉脈が透けて見えるエリアを発見。よくよく見るとイラガの幼虫(たぶん)がうじゃうじゃとくっついておりました。ぎゃっ。
少し前に高枝鋏を買っておいたのが役立ちました。結局イラガ幼虫の集団は4ケ所で発見。エゴノキは薬剤散布しないとダメなのかな。。。

写真は5月に吉谷さんの講習会に参加して作ったハンギング。
ペチュニアを入れるのならば2株、多くても3株まで、と教わったのについつい4種類(+カリブリコア、ヒューケラ、パーセノシッサス)入れてしまったせいか、ペチュニアはいじけて元気なくなっちゃった。切り戻すにも既に根元が枯れ込んでしまっているので無理みたい。
ハンギングバスケットはかびかびで大変なコトになってます。。
でも全体的には馴染んで今が見頃かも。
f0065604_2055887.jpg

こちらは今日カフェに納品してきた寄せ植え。以前使ったベゴニアとコルジリネ・ターミナリス、イレシネが引き取り後もいい感じに育っていたので、今回はニューギニア・インパチェンスとシンゴニュームを入れて仕立て直しました。
前回納品したクロサンドラの寄せ植えも、バッチリきれいなままだったので、そのまま店内に飾ってもらうことにしました。すごくうれしかった。
f0065604_2058932.jpg

こちらは去年の夏から植えっぱなしの寄せ植え。去年はヘミグラフィスが入っていたんだけど、今年は苗が見つからないので、宿根草だけ残ってしまってます。
アサギリソウが伸び伸びでバランス悪いし、そろそろ切り戻したほうがまた秋に楽しめそうな気がするんだけど、このフワフワが気に入っているのでなかなか勇気がでませーん。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-16 21:00 | 寄せ植え
カサブランカ、ジニア、ブラックベリー
f0065604_23174367.jpg

最低気温24.4度。最高気温34.2度。曇ってたのに気温がぐんぐんあがり、ひどく蒸し暑い一日でした。
夕方蚊取り線香を4個セットして庭あそび。といってもさほどやることはないので、黒点が広がってしまった薔薇の葉をカットしたり、虫をチェックしたりする程度。
モグラは相変わらずあちこちで暴れているので、花壇の地植えは極力避けて、みな鉢に植えてから花壇に埋め込む方法にしています。
宿根草花壇のほうは葉っぱがワサワサで中がよく見ないけれど、たぶんこちらもかなり掘り返されているのだと思う。石畳の下が通路になっているらしく、何度埋めても目地の砂が盛り上がってしまいます。

モグラの件ではガッカリすることばかりだけど、そんな中カサブランカが咲いてきたのがうれしい。品のいい白いお花とこの濃厚な香りが大好きで、毎年処分品の球根を買っては植えて増やしています。お花の少ないこの時期庭の数箇所で咲いてくれています。
f0065604_23193955.jpg

小さい一重の朱赤のお花が咲くジニア。去年苗を買って気に入ったので採種しておいたもの。ちゃんと同じお花が咲いてくれてうれしい。スラリと背が高くなるタイプです。
奥に写ってるのはガーデンルー。鉢植えのせいかぜんぜん大きくなりません。でも青緑の葉はキレイ。
f0065604_23223766.jpg

ガレージ脇のようす。トケイソウは暴れ放題です。次々と咲くけれどお花の色が地味なのであまり目立ちません。
白いオベリスクをセットした鉢を置いたら、このコーナーのポイントになってちょっと気に入っています。鉢には種まきのヒマワリやカカリア、ルコウソウなど夏のお花が植えてあります。
横切ってるのはミモザ・パープレア。新芽が出てきてキレイ。足元の鉢ではキキョウが数りん咲いています。
f0065604_232909.jpg

2Fベランダのブラックベリーが色づいています。真っ黒に熟して手で軽くひっぱるとホロリととれるようになる位で収穫すれば、充分甘くておいしい。
赤から黒へのグラデーションが素敵なので収穫するのはちょっと勿体ないけど。ベリーって絵になるものが多いですね。
f0065604_2331313.jpg

畑では夏野菜の収穫がはじまっています。今日採れたのはナス、紫蘇、ピーマン、ししとう、ミニトマト、モロヘイヤ。それから切花用のヒマワリと白いスカビオザ。
このくらいの収量だと2人でも食べきれるけど、この先きっとナス地獄になっちゃうんだよね。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-13 23:33 | 庭のようす
バラクラツアーでのお買い物、ほか。
f0065604_2024565.jpg
最低気温23.4度。最高気温29.7度。くもり。
一番花が咲き終わって以降あまり薔薇のチェックをしてなかったのだけど、チュウレンジバチがあちこちに卵を産み付けていたのに今日気づきました。茎が黒い線だらけになってて痛々しい。

写真は先日のバラクラツアーでの買い物。。といってもバラクラで買ったものはありませんが。佐久ICを降りたところにある泉ナーサリーで。もう夏に向かって苗は買わないことにしてるのだけど、お土産代わりにちょっとだけネ。

メギのこの斑入りピンクの新芽は以前から気になっていたのです。ちょうど手ごろな大きさのポット苗があったので、買っちゃいました。700円。ハーレクイーンという品種ですって。さてどこに植えようか。
プレクトランサス・サシャは夏の庭の定番だけど今年は見つからなくて探していたの。ちょうどよかった。230円。
黒っぽいのはウンシニア・ルブラというグラス。カレックスより葉は太めで全体にコンパクトにまとまっていていいかんじ。、初めてなのでどんなもんか育ててみることにしました。190円。
ニコチアナは黄緑~薄ピンクのグラデーションの花色がかわいいな、と思ってつい買ってしまった。98円。

それからヴィラデストで園芸ハサミを自分のおみやげに。小さく手なじみのいいサイズで赤い柄がカワイイ。デザインもいいのに意外にも日本製で、1300円と値段も手ごろでした。
f0065604_203388.jpg

これは地元のデパート屋上のバラクラで。今日美容院の帰りにフラリと寄ってみたら、去年からずっと欲しかった葉っぱがあったのでラッキー。
紫色のきれいな観葉。「ストロビランテス・ディエリアナ」というそうです。630円とお高かったけど、挿し芽で増やせそうなのでGET。
あとパープルファウンテングラスも秋になったら欲しくなるに決まってるので、今年は早いうちに買っちゃいました。こちらも630円。
シンゴニウムは昨日カフェ用寄せ植えの苗を仕入れに行ったときに自分用に買ったもの。200円だったので。サーモンピンクがきれいです。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-11 20:11 | お買い物
バラクラとヴィラデストに行ってきました。
f0065604_2155938.jpg
最低気温21.8度。最高気温25.7度。曇りときどき小雨。
昨日は梅雨の晴れ間となったのでバラクラ・イングリッシュガーデンに行ってきました。「バラクラ」の名前のせいか、つい薔薇が咲き乱れるガーデンを期待してしまうんだけど、毎年7月に入ってから出かけるのでいつも見頃は逃しています。。。今年は開花が遅かったようなので少し期待してたのだけど、チラホラと咲き残っている程度でした。
ただそういえば、このガーデンはそんなに薔薇の植栽だらけ、というほどでもない気がします。それに毎年感じるのだけど、ガーデン内の花ガラが気になって気になってしかたない。薔薇も草花も花ガラが溶けてどろどろに葉に貼り付いていたりするのです。そういえばボタニックガーデンもわりとそんな感じ。なんで手入れしないのかなぁ。それがイングリッシュガーデンてやつなのでしょうか。

TOPの写真はバラクラの入り口。皮肉なことにココからガーデン入り口までのスペースの植栽が一番手入れが行き届いていて美しいのです。特に大きなコンテナを作った寄せ植えがすばらしいの。でもここは入場料(1200円)払わなくても見られるんだよね。。。
f0065604_21103312.jpg

こんなふうなコンテナがズラっと並んでいます。どれも素敵。。。
f0065604_21112153.jpg

合わせづらい朱赤のニューギニア・インパチェンスもこんなにオトナっぽくカッコ良くきまってる。
f0065604_21123090.jpg

ここに並んでる鉢もみな素敵で釘付けになりました。写真たくさん撮っちゃった。
f0065604_21135835.jpg

もう少しアップでみるとこんなかんじ。赤を基調にかっこよく決まってる。奥のコンテナも赤のペチュニアとコルジリネなんだけど、なんだかとっても素敵。鉢もいいしネ。
f0065604_21153872.jpg

ガーデンの中に入ると高い位置にあるテラスから見下ろした風景はこんなふう。緑がきれい。
f0065604_21171698.jpg

こちらはガーデンの中腹からテラス方面を見上げた風景。たくさん咲いてるアナベルはまだ緑色。
f0065604_21184626.jpg

奥まったところにひっそりと設置されたテラス。周りは作りこまれた感じのしない自然風な植栽です。この大きい葉っぱのホスタの色がきれいだった。
f0065604_2120329.jpg

ホスタといえば、ここには巨大なホスタの株があるんです。比較のために私も写真に入ってみました。スゴイでしょ。
f0065604_224264.jpg

ガーデン内はダリアが花ざかりでした。奥の銅葉の赤いダリアが欲しくなってしまった。
f0065604_21241143.jpg

大木のスモークツリーも見頃。傍らに置かれた青い椅子がキマッテます。
f0065604_21253660.jpg

別の方向から見たところ。やっぱりこの椅子の色がいいなぁ。アーチの薔薇はたしか遅咲きだったような気がするんだけど、それもすでに咲き終わってました。
f0065604_2130108.jpg

ガゼボにも薔薇(クレマ?)が絡んでお花は終わっているけどいいかんじ。花ガラなんて細かいことを言わなければこんなふうに絵になる風景はいっぱいあるのだなぁ、とあとから写真を見返して思いました。
f0065604_21313558.jpg

これはショップ。建物がまたどれもかっこいいんだナ。前に並んだコンテナもダイナミックな植栽が素敵です。こんなふうな思い切った寄せ植えが作ってみたいものです。
f0065604_21473052.jpg

テラスでお茶しました。アフタヌンティーセットはドリンク付で1500円。おいしいけれど量は少なめ。コップがプラスティックなのはガッカリ。私の頼んだビール600円也もこんなにちっちゃい瓶なの。ちぇ。奥はバラクラに来てまで新聞と赤ペン片手に競馬予想に余念がないオットです。
f0065604_2153961.jpg

ガーデンでいつも感じるのは、椅子と鉢がどれも素敵だということ。手作りっぽくてしだれたタイムがよく合うこの鉢も何気なく置かれていました。
f0065604_21554043.jpg

そんな鉢は、外のショップにこんなふうにどっさりと置いてあります。何気なく置いてあるけれど、それぞれとても手が出ないようなお値段でした。後方のネグンドカエデがキレイ。
f0065604_21575611.jpg

バラクラから車で1時間以上かかるけれど、前から行きたかった玉村豊男氏のワイナリ、ヴィラデストにも寄ってみました。
・・・感動した! この農園の素晴らしいこと! なるほど抜群に賢くてセンスもいい人は、終の棲家にこういう土地を選びこんな暮らしぶりをするのかと思った。
農園の手入れが行き届いているのがこれまた素晴らしい。バラクラのあとに行ったからよけいに感じたのかな? 野菜も草花もみな生き生きとしてました。すごすぎ。
f0065604_22122640.jpg

ヴィラデストは小諸の町(たぶん)を見下ろせる高台にあります。年間の日照は日本一と以前に読んだ記憶があります。夏の日差しは暑そうだけど、乾いているからこそ梅雨時でもこの草花の美しさなのかなぁ。
f0065604_2214478.jpg

時間が遅かったのでレストランで食事はできなかったけど、この農園で丹精込めて作られた採りたての野菜を使ったランチは美味しいに違いない!次回はぜったいここのテラスで食事がしたいわ。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-09 20:56 | お出かけ
メカルドニア、黒赤ゼラとか、いろいろ。
f0065604_2040112.jpg
最低気温21度。最高気温27.7度。曇り。ここ数日出かけたり家にいても雨だったりしてほとんど庭に出なかった。
久しぶりに庭をじっくり観察すると、数箇所でコロコロしたフンを発見。フンの大きさからするとかなり大ぶりの芋虫だと思う。捕まえたいけれどおぞましくて見たくもないような。。。
どのみち見つけたくてもなかなか見つからないものですね。ヨトウムシなのか、もしくはカモフラージュがうまいのか。。。でもこのまま食べさせるわけにはいかないので、今夜はパトロールしてきます。
バッタの赤ちゃんも出てきています。赤ちゃんのうちはまだたいした食害はないけど、大きくなるとけっこうな勢いで食べられちゃうから困ります。あたくしは親子バッタにも情け容赦しませんことヨ。

写真はパーゴラからぶら下げてあるメカルドニア。見にくいけど黄色いお花が少しづつ咲き始めました。どんどん枝垂れて咲いてくれそう。
左側は黒赤ゼラ2号。奥には1号の姿も。2号のほうが黒に近いです。両方とも花つきはとてもいいけど、ヒョロリとしてます。お気に入りの3号は伸びた部分をカットして挿し芽養生中。
あと見えてる葉っぱは、手前がカポックで奥がアガベ。
f0065604_2045248.jpg

南側のレイズドベッドからのヒトコマ。春のお花を整理したあとには、新たに苗は植え込まないで手持ちの鉢植えを配置することにしました。
これはアメリカンブルーだけど「ブルーコーラル」って品種名で売り出してるヤツ。花つきがいいらしいです。お花はちょっと小ぶりのようだけど、つぼみをたくさん持っていて期待できます。
周りの葉っぱは、斑入りブルーデージー、シロタエギク、ディコンドラ、ツリージャーマンダー、トレリスの向こう側から顔を出してるのは斑入りノブドウ。暑くなると斑がとれて緑色になっちゃうそうだけど、まだ白いです。
f0065604_2040254.jpg

ヒメシャラの足元花壇です。ここは相変わらずモグラに掘り返されてるのだけど、写真のコーナーは鉢が多いので(ホスタも鉢を埋め込んであります)、さほど荒れてません。
お花はキンギョソウ、ペチュニア、マリーゴールド、ペンタス、オステオなど、すべて白で統一してあります。ほとんど咲いてないけど。
f0065604_20443340.jpg

コルジリネの鉢の足元で、マーガレットアイビーのお花が咲いてました。2つだけ。たくさん咲いてくれるといいのに。
そうだ、去年は大きくなったコルジリネを夏の蒸し暑さで溶かしてしまったのでした。今年は気をつけなくちゃ。
f0065604_20515439.jpg

オフ会の時に風雅舎で購入した輸入種のナスタチウム。品種は「Black Velvet」。種袋の写真もしぶーい茶黒だったけど、咲いたのはこんな色。どこから見ても「赤」です。まぁ、よくあるコトでしょうか。。
[PR]
by seyama_blog | 2006-07-06 20:54 | 庭のようす
トップ

「ほんの小さな庭」 管理人の日記
by seyama_blog
ブログパーツ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧