S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
吉谷先生の講習会
f0065604_010712.jpg
最低気温9.6度。最高気温18.6度。
半年に一度のお楽しみ、玉川高島屋で開催される吉谷先生の講習会に、今回はBearさんと一緒に参加してきました。
都内でyumyumさんに車でピックアップしていただき、ガーデニングスポットを数箇所まわり、小春日和のオープンエアで一緒にランチも。yumyumさん、どうもありがとうー!

講習会のテーマは「ガーデニングにおける絵画的手法」。先生のお話はとてもわかりやすく、いちいち大きくうなずきながら、熱心にメモをとるseyamaでした。。
ああ、それなのに。。今ここで要旨をまとめようとしても頭がぜんぜん働かないのが悲しすぎる。
「植栽の構図(composition)を考えることが大切」ということ。
それから「美しく心地よい植栽はその理由を言葉で表現できる(根拠がある)」ということ。
そんなようなことを教わりました。

他にも薔薇のベストシーズンのイギリス取材でのスナップや先生のお宅のベランダの様子などの、解説つきのスライド上映も興味津々。
冬の光と影をテーマにした寄せ植え作りなど、内容盛りだくさんであっという間の2時間でした。
f0065604_0102150.jpg
あこがれのショップ、ワンダーデコールについに来ました!。。ところがなんと今日は定休日。門の外から中の様子をヨダレを流して見てましたヨ。もっともお店が開いてたとしても鉢やオーナメントはお高くて手が出なかったと思うのですが。
f0065604_0103591.jpg
こちらが講習で作った寄せ植え。室内なので色が悪いですが。
葉ボタンの「面」とビオラの「点」。
ストックの「縦」、ビオラや葉ボタンが「横」、アイビーが「下」のライン。
葉ボタンやビオラの薄い色が「光」、ムスカリとビオラの濃い色が「影」。
銀葉ストックのビロード葉はぼやけた印象、それに対してツヤツヤ面の葉ボタン。
それぞれ対比となる対象があるので構図を考えて作りましょう、、との事だったのですが。。。
出来上がったのは平凡な寄せ植えになっちゃいました!
ムスカリとクロッカス、原種系チューリップの球根をわんさか詰め込んでありますので、春にはとてもゴージャスになりそうです。
f0065604_0104790.jpg
講習会のもうひとつのお楽しみは、先生が素敵な寄せ植えを持ち込んでくださり、間近で見たり質問したりできるということ。
この光(白色)と影(黒色)で構成された寄せ植え、超すてきでした。ジャイアントアジュガの真っ黒かげんが超かっこいい。夏は半日陰じゃないと葉焼けしちゃうけど、冬は充分陽にあてると、こんなふうに真っ黒になるんですって。
f0065604_01103.jpg
この銅葉、トウ立ちしたレタスなんですヨ。想定外だったかもしれないけど、なんかカッコイイ。ハーブと野菜の寄せ植えです。
f0065604_0111632.jpg
今回の講習会のための試作品。最初はこの斑入りの宿根キンギョソウを使うはずだったのに、結局苗の仕入れがうまくいかなかったのだとか。。。うーん、残念。 仕入れのタイミングが難しいのはプロも同じなのですねぇ。
f0065604_011301.jpg
こちらは観葉の寄せ植え。今咲いているお花はじきに枯れて葉っぱだけになってしまうだろうけど、インパクトある大きな葉(線)と、足元のチロチロとした葉(点)、密に繁って「面」を構成する葉、そしてそれぞれの葉の質感の違いなど、変化を取り込んだ構図で考えられて作っています。
そうすると、たとえ葉っぱだけでも平凡で単調な感じにならないのだとか。なーるほど!
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-29 00:09 | お出かけ
3段花壇の整理
f0065604_20355634.jpg
最低気温1.1度。最高気温12.0度。朝はこの冬(?)いちばんの冷え込み。ただ朝からよく晴れて風もなかったので、日中はガーデニング日和になった。
午前中は苗の仕入れ。1時すぎに戻り、日暮れまで庭しごと。久しぶりにまとまった時間がとれたんだけど、なんとしても暗くなるのが早すぎ!いいかげんに、計画をたてて作業するというやりかたを覚えないと、庭は散らかる一方で気ばかり焦ってしまいます。

写真はアプローチ脇の3段花壇。。。だったんだけど、憎いモグラに荒らされてしまうので、段に区切った仕切りは取り払い、鉢を埋め込むことにしました。まだ整理の途中です。
耐寒性の微妙なコルジリネの鉢は冬の間は室内に取り込むはずだったんだけど、もう室内もスペースがないのでココでなんとかガマンしてもらうことにしました。
根元に植えたカランコエ・プミラとマーガレットアイビーはダメになってしまうと思うけど、徒長してしまっているし、既に挿し芽したチビ苗があるので諦めます。
f0065604_20361099.jpg
コルジリネの鉢の奥は、こんなふうに小さなプラ鉢に入れた苗を埋め込んでいます。しばらくは格好悪いけど、春になって葉が繁ってきたら、うまく隠してくれるかな。
種蒔きの傘咲きルピナスと、黒花のコーンフラワー、アグロステンマ桜貝。手前のツヤツヤの葉は2年目のブラックベアー(なでしこ)。はじっこの野菜のような葉も2年目のジキタリスです。
奥のパットオースチンの根っこのあたりもモグラが掘り返してます。くやしいったらありゃしない。
f0065604_20362975.jpg
これは道路側のレイズドベッド。ここは独立していて唯一モグラが来ない場所なので、種蒔きのチビ苗をたくさん植え込みました。
ギリア、ビオラ、スイトピー、ニゲラ、ワスレナグサ、オルレイヤ、それから初めて育てるビスカリア、オンファロデスも。耐寒性大丈夫かな。
おととし植えてそのままになっていた青いアネモネもいくつか芽吹いてくれました。
f0065604_2036457.jpg
強い西日が差し込んだあと、ストンと暗くなってしまうので、冬晴れの日はなかなか庭の写真がとれません。この門扉前の写真もダメモトで撮ったんだけど、光のコントラストがなかなかいい具合に映ったかも。
おそらく鉢で根詰まりしてそうなスモークツリーも紅葉してます。
f0065604_20365720.jpg
クーも西日をうけてかわいくとれました!空気が冷たくなってくるから、一緒に外で遊べるのもそろそろ終わりかもしれないね。
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-25 20:37 | 庭のようす
エゴノキの黄葉と定番ビオラ
f0065604_2021261.jpg
最低気温8.6度。最高気温14.9度。昨日の午後からずっと雨が降り続いている。今日も夕方には晴れる予報だったのに、結局ずっと雨だった。庭しごとでやりたいことがたくさんあるのにできなくて残念。

TOPの写真は庭の隅。エゴノキの葉が黄色に染まり、ハラハラと落葉しています。実に秋っぽいねぇ。この散らかり加減もきらいじゃないです。
f0065604_20213928.jpg
少し引きで写すと、実はこんな惨状。ベランダで育苗していた種蒔きっ子たちを庭へ持ってきました。さぁ!定植定植!・・・・しかしいったいどこへ?
f0065604_20215185.jpg
パンジー祭りのあとも、HCに寄っては少しづつお気に入りの子たちを連れ帰っています。
この子はタグに「ココナッツブランマジェ」とあったけど、去年とても気に入って育てた「パフェ・パイナップル」と多分同じ品種。濃い紫のヒゲがかわいく、花つきもいい優秀な子です。
それにしてもパンジー&ビオラのネーミングってやりたい放題ですなぁ。
f0065604_2022329.jpg
この子もうちのお庭では定番のアンティークブルー。微妙に色幅があるので、お気に入りの子を探すのが楽しいのです。今年は一際鮮やかなブルーの子を1つ、GETしました。
f0065604_20221526.jpg
タイガーアイも定番ビオラです。香りもとてもいいんですヨ。スジスジがたくさん入ってうなじが茶色っぽい子が好みなんだけど、今年はなかなか見つかりませんでした。

個性的なビオラは単植で楽しんでいます。
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-20 20:24 | 庭のようす
カフェ寄せ植え、ハンギング
f0065604_2034556.jpg
最低気温7.4度。最高気温11.9度。いちにちじゅう雲がとれずにうすら寒かった。
朝いちばんでカフェに寄せ植えの納品、午後は2時間くらい庭しごと。
外花壇に蔓延ったディコンドラを整理して、種蒔き苗の定植の準備をしました。ここはモグラが入り込んでない唯一の場所なので、チビ苗は全てこの外花壇に植えるか、もしくはコンテナに植えるかどちらかです。

写真は今日カフェに納品した寄せ植え。観葉をメインにつかうようになってから、持ちがぐんとよくなって、一度引き上げた観葉を何回も使いまわしています。今回も新たに仕入れたのはユリだけ。これからピンク色のお花が咲くはずです。
f0065604_20352672.jpg
ブログを見てるとみなさん見事なハンギングを作っていてスゴイなぁ、と思います。私も一度ちゃんと習わないと、自己流じゃいつまでたっても上達しないみたい。
これはシンプルに紫グラデーションのビオラだけで作るつもりだったんだけど、上のほうになって数が足りなくなり隙間だらけになっちゃったので、ストックしてあったツルニチニチソウとヘリクリサムとパンジーを入れちゃった。こういう行き当たりばったりが出来上がりに影響してるんだな!きっと。
f0065604_20383663.jpg
少し前にこんなハンギングも作ってあります。ハート型のかわいいワイヤーリースがあったので。もともとシルバーでピカピカしてたので落ち着いた色にスプレーペイントしたまではよかったんだけどネ。
紫キャベツをポイントに、アイビー、ディコンドラ、ワイヤープランツ、白竜、それからワイン色のフリフリパンジーと黒のビオラを1つづつ。。ごらんのとおり、非常に地味~な出来上がりです。
f0065604_20413071.jpg
同じワイヤーリースのシリーズでこんなのも買いました。こちらは目立たないように黒くスプレー。
種蒔きのへっぽっこ苗をたくさん植えてみました。オルキブルーシェードと黒い這性ビオラ。それからやっぱりアイビーとディコンドラと紫キャベツ。芸がないけど、余剰苗の整理のために作ったようなモンなので仕方あるまい。
こんなにスカスカでちゃんとリースになるかしら?
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-17 20:43 | 寄せ植え
京都行ってきました。
f0065604_21114322.jpg
最低気温11.2度。最高気温18.9度。
今日はたまたま予定が重なって、午前中と午後、それぞれブログで知り合った方にお会いしました。どちらも初対面でドキドキだったけど、おふたりとも魅力的な方で私もがんばらなくては!と思いましたよ。(なにをだ!)

TOPの写真は、苔むした萱葺き屋根がいかしてる法然院の山門。実は日曜日から2泊でお友達と京都旅行に出かけてきたのです。
拝観料にヒーヒーいいつつお庭見たさにお寺巡をして、建物も庭も360度どこを見てもいちいち絵になっちゃう美しさに感動。日本人の美意識とセンスを誇りに思いました。
出かける前日から風邪気味で喉が痛かったんだけど、美しいものをたくさん見て、おいしいものを食べてたら、帰る頃にはすっかり治ってました。あー楽しかった。
f0065604_21125847.jpg
これはたぶん永観堂。あとから写真を整理したら葉っぱばっかり映ってて何がなんだかわからなくなってしまいました。。
幹のシルエットと色づいてきたもみじの葉のグラデーションが素敵。
紅葉のベストシーズンというには少し早かったかな。
f0065604_21165075.jpg
永観堂の池のほとりの茶店で甘酒を飲みつつ鴨をみて、クーちゃん寂しがってないかなぁ、なんて考えてましたヨ。
f0065604_21183978.jpg
二日目は大原に足を伸ばして寂光院へ。本堂は数年前の火災で焼失、立て直されてピカピカになってしまったけど、入り口の石階段とかが鄙びた雰囲気あってよかった。
これは茶室に続く小さな門。屋根が苔むしててカッコイー。苔の間からシダとかいろいろ生えてます。
f0065604_21265899.jpg
お茶室前の池のあるお庭。水面に葉がうつり込んで素敵。よろしおすなぁ、日本の庭。
f0065604_21291512.jpg
観光シーズンで銀閣寺や三千院はすごい人だったけど、寂光院は比較的空いてて時間がゆっくり流れるかんじ。お抹茶もいただきましたよ。
f0065604_21311148.jpg
これは三千院のどこか。。だったと思う。苔がきれいなお庭で好みだったけど、人が多くて残念。
f0065604_21325013.jpg
清水寺のライトアップの時間に合わせておみやげ物屋さんの立ち並ぶ参道をぶらぶら歩きました。
写真は暗くて撮れなかったけど、夜の拝観っていいですねぇ。前日行った青蓮院のライトアップも幻想的で素敵でした。
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-15 21:39 | お出かけ
秋のお花とクー
f0065604_17174072.jpg
最低気温6.1度。最高気温19.4度。朝けっこう冷え込んだけど、日中は穏やかに晴れて暖かな1日。午後3時間くらい庭あそび。相変わらずウロウロしてるだけで片付かないんだけどね。

TOPの写真は秋の終わりの花たち。カットしたあと整理しました。
ペリシカリア、ヘレニウム、コリウス、ガイラルディア。
f0065604_17175533.jpg
パットオースチンはヒョロヒョロなんだけど、けなげにも蕾をいくつかつけています。きれいに咲いていた子を一輪挿し。
f0065604_1718670.jpg
庭あそびの時はクーちゃんも一緒。ハンギングホルダーに鳥かごをつるしています。
ブランコのベルはクーのお気に入り。お顔をスリスリしながらおしゃべりしたり。。。
f0065604_17182056.jpg
こんなふうにして遊んでます。。。ナニシテルノ?
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-09 17:19 | 室内で楽しむ
玄関前のようす。サルビア・レウカンサなど
f0065604_21193575.jpg
最低気温13.2度。最高気温23.6度。午後から風がかなり強くふいたけど、南風だったので木枯らし1号にはならなかったみたい。ミモザがパーゴラごとユラユラ揺れててやばい。あのヘナチョコなパーゴラをどうにかしないと。

写真は玄関前のようす。たまたま黄緑&紫色で揃っちゃってる。
ストロビランテスは挿し芽でよく増え、楽しめた。寒さに弱いからもうそろそろおしまいかな。後方の鉢はカフェから引き取った寄せ植え。クロサンドラがあまり咲いてないけど、全体的にはいいかんじに馴染んで皆元気なので解体できないのです。
f0065604_2119509.jpg
入り口付近ではもうしばらく前からサルビア・レウカンサが首を長く伸ばして咲いています。
植えた場所は今ではすっかり日陰になってしまったので、毎年光を求めてヒョロヒョロ、花数もとても少ないのです。
f0065604_2120443.jpg
夏のあいだ休んでた黒赤のゼラニウム2号。ハンギングしてある小さい鉢から茎がクネクネと伸びて、こんなとこで咲いてるの。つる性かっ?
1号と3号は徒長した茎を切って挿し芽を作ってるけど、うまくついたかどうかまだわかりません。
f0065604_2120199.jpg
ヒメシャラの足元のイポメアもまだ整理できずにいます。茂みに置いたコルジリネの鉢もカフェの寄せ植えを引き上げたもの。ランタナの斑がすっかり薄くなってしまったけど、まだしばらく花が途切れることなく咲きそうなので、これまた解体できず。
右隣のブラックバジルは葉は虫くいでボロボロだけど、紫のお花がたくさん咲いてきれい。
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-07 21:20 | 庭のようす
まだまだジャングル。
f0065604_18584178.jpg
最低気温10.9度。最高気温20.9度。穏やかに晴れたのでオットとバイクで出かけてみました。空気が充分温まった11時くらいに家を出たのに、それでも風をきって走ると寒い寒い。結局今年もほとんど乗らずにバイクはまた冬眠モードになりそう。
カメラを持って群馬フラワーパークに行ったんだけど、入場料700円×2を払うのが惜しくて、入り口のベンチで一休みしてから帰ってきました。セコイねぇ。

写真はまだまだジャングル状態が続いているお庭。少しづつ片付けてるつもりなのに、パンジーの寄せ植えだけがどんどん増えて、相変わらず散らかる一方です。ひー。たすけてー。
f0065604_18585567.jpg
入り口付近の足元にはヒメツルソバがたくさんお花をつけています。薄いピンクの金平糖のようなかわいらしいお花。
ここはレンガ敷きなのに、隙間からヒメツルソバのほかにもグレゴマ、源平小菊、セダムなどいろいろはえてきています。
ナチュラルガーデン、ってことでおねがいします。
f0065604_1905492.jpg
クリトリアはそろそろ終わりかな。ダブルの子が断然かわいかった。種も少しだけとれそうなので、来年も必ず育てるつもり。asakoさんにいただいたカラミンサも長い間よく咲いてくれてとても気に入りました。来年はもっと増やしたい。
f0065604_1913785.jpg
晩夏に購入後、虫害で元気をなくしていたジニアが最近巻き返してきています。蕾もたくさん。花色も鮮やかになって蛍光ピンクみたいになっちゃってます。夏ならいいけど、晩秋にこの色は浮いちゃうねぇ。
f0065604_18593242.jpg
種蒔きしたマリーゴールド・バニラも、夏の間は虫害でまったくダメだったのに、今ごろになってたくさん咲いてくれています。そろそろこの鉢も植え替えしたいのに。
[PR]
by seyama_blog | 2006-11-03 18:59 | 庭のようす
トップ

「ほんの小さな庭」 管理人の日記
by seyama_blog
ブログパーツ
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧